>>ファッション&インテリア>>記事

リバティプリントがかわいい!プリザーブドフラワーのギフト@日比谷花壇

リバティプリントのボックスに入ったプリザーブドフラワーを日比谷花壇で発見!
小花柄がかわいい〜!!
リバティプリントは世界的に有名な、イギリス・ロンドンのテキスタイルブランドですね。

あのキティちゃんとコラボしていたり、ムック本も出版されてますよね〜!

リバティ社とは?
リバティ社は、1875年、東洋に憧れを抱いていたアーサー・ラセンビィ・リバティ氏がロンドンのリージェント・ストリートに小さな東洋美術工芸品を紹介する店を開いたことにはじまります。1920代には繊細な花模様のプリントが「リバティプリント」として一世を風靡しました。代表的なモチーフは、アールヌーボー柄、花や植物、ペーズリー、森や庭園で遊ぶ鳥や小動物など、いずれも繊細で流動的な線で描かれています。

こちらのプリザーブドフラワーは、ベリーの実や花を描いたリバティプリント「Summer Fruit」のボックスです。
プリザーブドフラワーってシンプルな入れ物に入ってることが多いですが、これはかわいい!!

価格は、5,250円(本体価格5,000円)。

プリザーブドフラワーには、ローズ・カーネーション・アジサイなどが使われています。
ピンクや赤がカラフルでです♪

母の日や誕生日の贈り物に人気!

ちなみにプリザーブドフラワーは水やりの必要はありませんよ〜。
お店にはたまにそういう質問もくるそうですが、水をあげると枯れちゃうのでご注意を!

リバティプリント プリザーブドアレンジメント「サマーフルーツ」
重さ 120g
大きさ 高さ:約 15cm、幅:約 23cm

No tags for this post.
21世紀お取り寄せレビュー>>ファッション&インテリア>>記事
<関連記事>

コメントは受け付けていません。